電気機器製造業、通信機器製造業

電気興業

5Gアンテナの開発を通してIoT普及に貢献 一人ひとりの挑戦が未来を変える

23年卒応募受付中

1Day仕事体験(2021年12月、2022年2月)に開催予定です!詳しくはインターンシップ情報をご確認ください。

次世代通信インフラの進歩発展に貢献しています!

学⽣の皆様、こんにちは!電気興業(DKK)は、主にみなさんのお使いのスマートフォンなどの通信に必要不可⽋な携帯電話基地局のアンテナ・無線装置や鉄塔の製造、テレビ・ラジオの送信所の建設および⾃動⾞の⾦属部品を強化するための焼⼊れ処理を⾏う⾼周波誘導加熱装置を開発・製造しており、いずれも⾼い業界シェアを持ち、通信・放送・社会インフラの構築に貢献している会社です。当社では、機械、電気電子、情報、通信、物理、土木建築、材料など様々な分野の知識を持った社員がエンジニアとして活躍しております。現在は特に5Gおよびローカル5G向けの製品開発に力を入れており、今後はアンテナだけではなく基地局向けの無線装置の提供も行います。また、そのネットワーク上で展開するソリューション(アプリケーション)も自社開発しております。社会全体のインフラを支え「未来の当たり前をつくる企業」であるDKKで、これまで学ばれた専門性を是非発揮してください!!

技術・製品・サービス紹介

通信・放送インフラ、自動車の安全性の向上に努めています!

■電気通信部門 移動通信分野
スマートフォンの普及に伴う通信量の増加に対して通信環境を向上させる必要性が高まっています。移動通信分野では、研究開発を強化し市場のニーズを先取りした製品を提供するために、次世代の移動通信システムである5Gを含めたアンテナ開発にも取り組んでおり、通信インフラを整えるとともに、情報化社会の発展に貢献していくことができる仕事を行っています。

■高周波部門
海外諸国における自動車部品や建設機械部品の需要を中心に、高周波誘導加熱装置を海外の生産ライン向けに積極展開していく予定です。また、自動車関連以外のユーザーの拡大に取り組んでおり、炉体熱処理から誘導加熱方式への転換による需要拡大を目指した開発にも取り組んでいます。

■その他
上記の他にもさまざまな事業に取り組んでいますが、現在特に力を入れているのはLED航空障害灯とサーマルカメラシステムの拡販です。鉄塔や橋梁などの高所に取り付ける高光度航空障害灯においては、LEDタイプでは国内初の国土交通省認定品を提供しています。サーマルカメラシステムは、光学画像と遠赤外線画像を組み合わせたシステムとすることで、昼夜を問わず鮮明な画像で監視することが可能なシステムです。いずれも、従来品にまさる多くのメリットを持つ製品として受注拡大に努めます。

動画

当社の事業内容のご紹介です。

ローカル5Gの電波(28GHz=ミリ波)の性質とメタマテリアル反射板 実験動画

電気興業を見ている人におすすめの企業