輸送機器

川崎重工業

カワる、サキへ。

カワる、サキへ

川崎重工は創業から130年以上の歴史を持ち、日本、さらには世界の発展を目指して、絶えざる挑戦を続けてきました。現在は、船舶、鉄道車両、航空機、モーターサイクルなどの輸送用機器の製造のほか、ジェットエンジン、ディーゼルエンジン、ガスタービンエンジンなどの原動機やプラントエンジニアリング、各種油圧機器、産業用ロボットなど、幅広く事業展開しています。事業内容は、まさに陸・海・空の全方位にわたり、それぞれの事業の技術力を複合的に組み合わせながら、新たな価値を世の中に提供しています。人々の豊かな生活と地球環境の未来に貢献できる仕事に、私たちと一緒にチャレンジしてみませんか。

技術・製品・サービス紹介

陸・海・空、宇宙から深海にまでグローバルに事業展開する総合エンジニアリング企業。

重工業界が取り組む分野は、輸送革新、エネルギー開発、宇宙開発、世界各国のインフラ整備・・・など、どれも地球規模、宇宙規模の大きな課題です。
重工業界の役目は、まさにこれらの課題を、モノづくりを通して解決すること。
われわれ川崎重工は、この世に「まだないもの」をカタチにすべく、メンバーと切磋琢磨しながら、プロジェクトに挑み続けています。

動画

Kawasaki Group Channel