非鉄金属

JX金属

『銅は文化なり』 ~銅やレアメタルを中心とした非鉄金属製品の供給により、インフラから電子機器に至るまで、社会の豊かさを根底から支えています~

企業データ

特徴アイコン

アイコンの説明
  • 業績の伸び
  • シェアNo.1
  • 働き方改革
  • BtoB企業
  • LGBTQに配慮
  • キャリアアップ
  • 研修制度
  • 活躍フィールド
  • 専攻直結
  • 代表が高専出身
  • 高専女子
  • 離職率10%未満
  • 同じ勤務地
  • 勤務地確定
  • 勤続年数10年以上
  • 有給休暇
  • 社宅完備
  • 産休・育休
  • 社員食堂
  • 留学生採用
  • モンゴル高専生採用

数字で見る働き方

平均年齢

40.9

(2020年度実績)

月平均
残業時間

21.0時間

(2020年度実績)

平均有給休暇
取得日数

年間16.3

(2020年度実績)

平均勤続年数

15.7

(2020年度実績)

育児休業取得率
・対象者数

31.2%

対象者
男性21人・女性18人
(2020年度実績)

基本情報

企業名 JX金属株式会社

(じぇいえっくすきんぞく)

本社所在地 105-8417 東京都港区虎ノ門二丁目10番4号 オークラ プレステージタワー
設立 1905年
代表者 代表取締役社長
村山 誠一
資本金 750億円【ENEOSホールディングス(株)の全額出資】
従業員数 3221名
事業内容 銅・レアメタル・貴金属を扱う非鉄金属の総合素材メーカーです。
銅やレアメタルをはじめとした、非鉄金属資源の開発、金属製錬や都市鉱山からのリサイクル、5GやIoT社会の最新デバイスに不可欠な先端素材の製造・開発など、非鉄金属の上流から下流まで、一貫した事業を展開しています。

【資源事業】
南米チリで銅鉱山の資源開発を行い、日本における銅資源の安定供給に貢献しています。当社が進める「カセロネス銅鉱山」は日本初のオールジャパン体制の鉱山です。その他、世界有数の銅鉱山にも出資して銅権益を持っています。

【金属・リサイクル事業】
〇金属製錬
中国を中心とする新興国の経済発展等により銅需要は年々増加しています。そんな中、当社は国内外において積極的な事業アライアンスを組んでおり、世界トップクラスの銅生産能力を保持しています。
日本を含めたアジア地域への銅の安定供給を実現しているのが当社の製錬事業です。 
〇環境リサイクル
使用済みのPCや家電製品などから銅・貴金属を回収するリサイクル事業と、産業廃棄物を無害化処理し、ゼロエミッションを達成している環境事業を行っています。リサイクル専用工場の稼働によって、金・銀・白金など、多種類の金属の回収が可能となりました。

【機能材料事業:先端素材領域】
各種電子機器の配線などに使用される圧延銅箔や電解銅箔を製造しています。フレキシブルプリント基盤用の圧延銅箔は世界約8割のシェアで、世界最薄の5μmまでの銅箔を生産できます。また、精密圧延・精密加工技術に特化した事業も展開しています。付加価値の高い銅箔のほか、各種銅合金箔、特殊鋼箔の生産から新規材料開発、従来品性能を大幅に向上させる結晶粒微細化技術を応用した製品開発など、世界に誇る高い技術力を持っています。

【薄膜材料事業:先端素材領域】
半導体用、液晶用などのスパッタリングターゲット材料、化合物半導体材料などを製造販売しています。高純度化技術、高密度焼結技術など、多彩かつ高い技術力を背景に世界トップシェアの製品群を有しています。
事業所 本社(東京都港区)
磯原工場(茨城県北茨城市)
日立事業所(茨城県日立市)
倉見工場(神奈川県高座郡寒川町)
佐賀関製錬所(大分県大分市)
グループ企業・関連企業 パンパシフィック・カッパー(株)、JX金属商事(株)、
JX金属探開(株)、JX金属環境(株)、JX金属苫小牧ケミカル(株)、
JX金属三日市リサイクル(株)、JX金属敦賀リサイクル(株)、
JX金属高商(株)、JX金属コイルセンター(株)、
JX金属プレシジョンテクノロジー(株)、日鉱金属(蘇州)有限公司、
JX Nippon Mining & Metals Philippines, Inc.、
JX Nippon Mining & Metals USA, Inc.
東邦チタニウム(株)
売上高 1兆2930億円(2022年3月期)※連結ベース