プラントエンジニアリング業

千代田化工建設

エネルギーと環境の調和をめざして、ともに未来を創っていきましょう!

随時、オンラインでも社員(OB/OG含む)とのカジュアル面談を実施しています。

【エネルギーと環境の調和】は当社の経営理念です。

「エネルギーと環境の調和」という経営理念のもと、技術力と人財で社会の課題に挑戦している総合エンジニアリング会社です。古くは排煙脱硫装置等の環境関連技術の開発を通して持続可能な社会の発展に貢献してきました。また当社の強みである世界最大級LNGプラント建設の実績等を活かし、エネルギー分野で国内外で数多くの大規模プロジェクトを手掛けています。新規分野でも、iPS細胞をはじめとする再生医療などのライフサイエンス、水素サプライチェーンの構築、再生可能エネルギー普及への寄与、またAI技術を駆使した生産効率の最適化等に積極的に取り組んでいます。

技術・製品・サービス紹介

世界最大規模のLNGプラント建設

化石燃料で最もクリーンなエネルギーであるLNG(液化天然ガス)を精製する設備を2000年代にカタールで建設しました。世界最大級の生産量を誇り、全世界に安定的にLNGを供給しています。何もない土漠の地に0から設計を行い、機器や資材を調達し、現場で建設工事を行い、完成しました。80ヵ国以上の出身者からなるチームで、数万人以上の人が一つのプラント建設に向けてワンチームで協力して完遂しました。
2021年、同エリア近傍にLNGプラントを増設するEPCプロジェクトを千代田化工建設が受注しました。本プロジェクトは気候変動対策の一環としてCO2を回収・貯留する設備の併設により既存のLNGプラントに比べ大幅なCO2の排出削減が可能になる等、社会的にも大きな意義のあるプロジェクトです。

世界初の国際間水素サプライチェーン事業(SPERA水素)

CO2を一切排出しない究極のクリーンエネルギー、水素。千代田化工が開発したSPERA水素という固有の技術を活かして、水素を常温常圧で液体、安全・安定的に輸送・貯蔵することを可能にしました。国や政府の助成により、世界初の国際間(ブルネイー川崎)水素サプライチェーン実証事業を2020年に完了しました。今後は数年後の商業化を目指していきます。

動画

会社紹介編