製造業

ユニチカ

技術×発想力 素材で未来をカタチに

23年卒応募受付中
2019年に創業130年を迎えました。

1889年、日本の近代産業の草創期に紡績会社としてスタートしたユニチカは、繊維技術の応用で事業の多角化を進め、高分子、機能資材、繊維の3事業を展開しています。高分子事業では、食品包装フィルムが国内シェアの約4割を占めるとともに、ケミカルリサイクル技術によってCO2排出量削減に貢献する環境配慮型フィルムの開発に成功しました。また、6Tナイロン、66ナイロンの世界的な供給不足により代替素材となるナイロン樹脂も開発しています。機能資材事業では、活性炭繊維のフィルターや道路白線に使用されるガラスビーズ、また新型コロナウイルスの感染対策として、不織布を使用したアイソレーションガウンを医療現場に供給しています。

ユニチカを見ている人におすすめの企業