建設コンサルタント

エイト日本技術開発(EJEC)

地球環境にやさしい優れた技術と判断力で、真に豊かな社会創りに貢献します

1day仕事体験を実施します!

英語社名を略してEJEC(イージェック)と呼んでいます
インフラを基盤とする社会の価値を発展させて未来へつなげていく仕事です

エイト日本技術開発(EJEC)は、高度な専門知識や技術力を駆使し公共インフラ事業をサポートする総合建設コンサルタント企業です。社会インフラ施設の調査・計画・設計から施工管理やマネジメントに至るまで幅広く事業を展開。対象とする分野も、道路・構造、河川・港湾、都市・環境、耐震・防災・情報など多岐にわたります。主軸としているのは道路・構造分野と河川・港湾分野ですが、耐震・防災および廃棄物分野等にも強みを発揮しています。

当社はかねてより自然災害に対する最適なソリューションを提供してきた実績があり、また廃棄物処理施設に関する高度な対応力も全国の自治体から高く評価されています。さらに、自社内に補償部門を持つことも強みの一つ。補償部門では公共事業の施行にあたり、用地取得や建物移転等に必要な補償およびその金額等について調査・算定等を行います。この分野を強みにもつ大手総合コンサルタントは少なく、測量部門、地質調査部門を含めた総合力がEJECの強みといえます。

お客さまのニーズが多様化・高度化するなか、E・Jホールディングス(株)【東証一部上場企業】を親会社とするグループの中核となってグループ内の経営資源を集結させ、高度なサービスをワンストップで提供しているのです。

そんな当社は、採用コンセプトを“Passion for The Glocal~きみの情熱が、次代を築く~”というフレーズにまとめています。情熱あふれるプロフェッショナルな人材が、日本(ローカル)や海外(グローバル)の各地で、地域のインフラに関わるさまざまな課題に取り組んでいます。近年は東南アジアへの進出に注力しており、2014年にはタイ、2018年にはミャンマーに事務所を開設しました。

技術・製品・サービス紹介

洪水後の被害調査

2018年7月に起きた西日本豪雨災害の被害調査の一例です。
岡山を本店として西日本に多くの拠点を構える当社は、豪雨災害の復旧・復興に関わる業務を多く対応しています。
ドローンなどを使用した独自の調査を行うと同時に、被災地での復旧に素早く対応し、発災時から1日あたり最大50人を送り込むなど、全社を挙げて現地の支援にあたりました。

近年激甚化する自然災害において、建設コンサルタントは復旧・復興の初動として非常に重要な役割を担っています。
地域の住民の安全・安心を守ることに直結した、まさに社会貢献性の高い仕事と言えます。

橋梁の詳細設計

橋梁の設計の事業です。2019年度土木学会デザイン賞で優秀賞を受賞した橋梁、桜小橋(東京都中央区)です。

歩道混雑緩和と災害時の避難路確保のために計画された橋で、トータルにデザインしました。
景観に配慮した橋梁として住民の皆様に親しまれている橋梁です。

動画

EJEC事業・業務紹介

EJECビジョン紹介

エイト日本技術開発(EJEC)を見ている人におすすめの企業

エイト日本技術開発(EJEC)と同じ職種を募集している企業をさがす